忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

清暑益気湯を中止、柴胡加竜骨牡蛎湯とハルシオンで。診察では、かなり怪しい話をしたにもかかわらず、薬が増えることもなかった。こんな話をしていて、病状が悪化したと思いませんか?と問う私に「あなたの場合は・・・(ry」という担当医。

そう、アレな話とは、心霊話だ。

私だって否定したいんだけど。これが病的なもので薬で治ると信じたい。妄想にしろ、憑依体質にしろ、どっちにしろ多分それが治るのは同じくらい難しいと思う(同じものかもしれないし)。単に気持ちの問題なら、薬でもお祓いでも改善されるだろう。

良くなれば、ようは、どっちでもよい。

★今週のお薬
柴胡加竜骨牡蛎湯(昼/眠)
ハルシオン(眠)
生霊
http://ja.wikipedia.org/wiki/%E7%94%9F%E9%9C%8A

生霊とは、生きている人間の放った、強力な「念」によって、祟りをなすものをいう。生霊と似た言葉で「サイキック・バンパイア」というのも聞いたことがある。他者に影響をおよぼす何らかの想念ということだ。

今週の火曜日のことだった。私はある人と話すために、M市役所の7階に向かった。そこの一室で、3人で話す。私の説明が悪いのか、うまく話は通じないまま、彼女は何かを勘違いしたのか知らないが、たたみかけるように詰問され、恐怖を感じた。
アロマテラピーの勉強を、ちょこちょこ続けていて、先月と今月も知人が練習させてくれるということで、来てもらえた。ありがたい。自分自身の体調は今月のほうが、あまりよくない。けれど、アロママッサージは、前回より上達できたような気がする。
「真にすばらしいこと」が思いつかなかった。というか見出せなかった。今週あったことといえば、すっごく怖いことだったから。特に10日(火)のできごとは。この日は水星から天王星までの惑星が直列したことがあり、極端なできごとがあってもおかしくはなかったのかもしれない。

悲観主義、不安、恐れ、で今週を終えてしまったなら、惜しいことをした。けれど、そんな中にあっても、事態を改善しようと前向きに行動できたことは、よかったと思う。そしてそれは昨日、そこそこ改善できたと思っているし、良い意味で、ある「確信を」持つことが出来たと思う。

ジョナサン・ケイナーの星占い
最近、韓ドラにハマッているんだけど(ただし歴史ドラマ)、チャングムとかチュモンとか。少し前まではソドンヨを見ていた。見ていると日本と似ている部分を発見するので、ああ本当に日本は昔、韓国や中国から学んだんだな、なんて思ったりした。

で、先日めずらしく歴史モノ以外のドラマも見てみると、そこで女性が飛び降り自殺をしようとするシーンが出てきた。なんとその女性は裸足。西洋の映画を見ていても飛び降り自殺するシーンで靴を脱いでいるところを見たことが無い。

これは生活の中で靴を脱ぐ習慣と関係があるのだろうか?ほんのワンシーンだけだったので、よく分からないけれど。日本のドラマでは、自殺シーンで、よく靴をそろえていたりする。ちょっと検索をしてみると、こんな質問と回答を発見した。

どうして自殺をするとき靴をぬぐのですか?知りたいです。
http://detail.chiebukuro.yahoo.co.jp/qa/question_detail/q1114900971
暑い。夏だから少し怪談めいた体験談を書こうと思う。少し前、盛り塩がプチブームになったらしい。これはお客を呼び込むために店先に盛られたり、他の用途では、その場所を清めたり、簡単な結界をはるために使うという。お相撲さんも土俵のお清めに塩を使うね。

春先に仏壇も用意して、先月、お盆をやったという記事を書いたが、ウチには父の写真があるだけで、お位牌もないし、像や軸もないのだ。宗教の立場から言えば、その仏壇には魂が入っておらず、家にたとえるなら「空家」ということになる。(所定の儀式を行っていない)

空家って、柵をして、鍵をかけていないと、人間でも“ワケアリ”の人が、簡単に勝手にこっそり出たり入ったりすることができる。そしてもし、中に人がいることを知らず、外から鍵をかけてしまったら、中の人は容易には出られなくなる。

お盆の時のお寺さんのお話を思い出す。

お盆の時は、ご先祖だけでない者も来ると。ご馳走があるので。
そのために「施餓鬼(供養)」も行うのだと。
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]