忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

終わった。

割れていた上奥歯を抜いた。
もらった抜いた歯はすごい色をしていた。
私の奥歯。さっきまで私の歯だった歯。

とりあえず終わってホッとした。

おそらく10年以上悩んでいた歯の悩みが解決された。
別の何かも解決されていくような気がした。
なんか長い歴史が終わったような・・・だといいな。

結果、上顎洞までいってないそうで、鼻の問題は歯性上顎洞炎ではなかったようだ。そうすると、やっぱりアレルギー性鼻炎なのかなぁ?イネ科の花粉か黄砂が怪しいようだ。落ち着いたらアレルギーの検査に行こう。

麻酔が1時間で切れると言われていたので、会計を済ませて駅前の薬局に寄りすぐ薬を飲んだ。それから鼻炎の薬も欲しい。明日、動けなくなると困るから、乗り継ぎの駅で漢方薬局に寄り、鼻炎対策に漢方をGET。

手術後というのに、さらに買い物に行って食料を買い込む。桃缶とか桃ジュースとか桃ばっか買った。卵、コーンスープ、素麺、サーモン、などなど、歯に衝撃が少ないもの。一人暮らしはこういう時、大変だな。

まあでも、自分で選んだことだから。

これでいい。今は。
PR
紹介状を持って大学病院の口腔外科へ行ってきた。前まで通っていたO歯科では出来ないから(手術しなきゃだめ)。でもその時は手術する体力がなく、動くのもやっとで出来ず。いまは2~3ヶ月前よりほんの少しよくなったんで、ダメもとでいってみた。とにかく早く治したくて。

左上奥歯は内部で骨折していて、痛くて歯医者に何件か行っても、外見はなんともないので、何年も、長期間発見できなかった。それが昨年、やっと発見された。痛いときは、そこが炎症をおこしていたのが原因だったようだ。紹介状を書いてもらった後、副鼻腔炎(蓄膿)になった。

紹介状をもらってからO歯科には行っていない。以前から蓄膿で後鼻漏は時々あったんだが、とくに今年はひどく。ようやく耳鼻科にかかり、薬でなんとか症状が和らいだ。奥歯が悪いと、歯性上顎洞炎の可能性もあると後でわかり、今日はそのことと、顎関節症の相談をした。

大学病院での診察の結果、耐えられる体力も出てきたようで、再来週の月曜に手術が決まった。こんなヘロヘロだが、当日ダメにならないよう体力を温存しなくては。また、顎関節症のほうも相談して、こちらは専門医を紹介してもらえることになり、やっと少し安心できた。

こりゃ、掃除もあんまり無理は出来ないな。

掃除はちょっと残念だけど、進めることより維持を重視してやろう。
鼠径部の腫れものは、エコー、血液、の検査ともに問題ないということで、少し安心。しかしあまりに調子が悪くて処置室で休ませてもらっていた。「内科にも診て貰いますか?」と言われたので、ウンウンうなりながらお願いして内科に回されたのだが。

外科の先生に「あの・・・リンパ腺のほうの薬は・・・?」と聞くと「内科の先生にもらってね」

え?え?え?

そして・・・

内科医、ウイルス性のリンパ腺炎だろうという。大人の男性の親指大の腫れがあるそうで。「じゃあ、薬出しますから」「あ、あの、頭が痛くて、熱があり、咳がとまらず、喉が痛くて、痰も出ます。倦怠感が激しく食欲がなく、何も食べれないんです・・・」

医:「え?なに?あなたココの腫れてるので来たんじゃないの?」
医:「そんなに一度に診れないよ」

えええええええ!!!!

そして抗生剤と胃薬が出された。

今日は朝から風邪がぶりかえしたような倦怠感と寒気があった。この数日のウツで、いよいよストックしておいたジェイゾロフトを飲もうかと思っていた。午後、なんだか右足鼠径部に痛みを感じて触ってみると、シコリがある。ちょっと痛い。

甲状腺に5つの腫瘍が見つかったばかり、リンパも腫れていたのだ。気になって病院に問い合わせてみたが、甲状腺とは関係がないだろうと言われ、少し安心。抗生物質でももらえないかと、また例の地元の総合病院の外科にかかることに。15時前に到着。

薬はもらえなかった。そして右足だけかと思ったら左足のリンパも腫れているという。痛みのある右側ははっきりわかるほど腫れており「だいぶ大きいから」と、血液検査になり、そしてエコーの予約を4月5日の午後に、その後診察という予定になった。

次から次へと・・・

今年は病気の当たり年かね?
| HOME |
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]