忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
08 2017/09 10
S M T W T F S
1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

昨日、念願の石笛(石笛は、日本最古の笛の原型。瓶を吹いて音を鳴らすように、穴のあいた石を吹いて音を奏でる。縄文時代の楽器)をGETして、診察では早速その話。目に見えない、霊的な世界の話。周囲の人が理解しなくても、自分の感覚を堂々と信頼していればいいということ。否定するからおかしくなる。否定せず活かすほうがいい。

患者がオカルティックな話をしだしたら、普通メンタルの医者は信用しないんじゃないかと思うけれど、自分が、というよりセカンドオピニオンのDr.Kに、その道に進むことをすすめられ、そうすることにした。だんだん気持ちが固まってきた。担当医も認めてくれている。逆にそっちに進むしかないような気がだんだんしてきて、自分は今後ヒーラーとしての道を歩もうと思うようになった。

それができるかどうかはわからない。そっち方向へ進もう(進みたい)と思う(願う)だけだ、普通の職業に、普通に就いて、普通に働くことは、無理なんだと思う。障害者職業センターのスタッフにも仕事に就きたくても「それは健常者の仕事なの。障害者の仕事じゃないの。あなたが担当者だったら障害者を雇う?雇わないでしょ?」と言われた。内職くらいしか出来ないと。

★今週のお薬
柴胡加竜骨牡蛎湯(昼/眠)
清暑益気湯(朝/夕)
ハルシオン(眠)
PR
清暑益気湯を中止、柴胡加竜骨牡蛎湯とハルシオンで。診察では、かなり怪しい話をしたにもかかわらず、薬が増えることもなかった。こんな話をしていて、病状が悪化したと思いませんか?と問う私に「あなたの場合は・・・(ry」という担当医。

そう、アレな話とは、心霊話だ。

私だって否定したいんだけど。これが病的なもので薬で治ると信じたい。妄想にしろ、憑依体質にしろ、どっちにしろ多分それが治るのは同じくらい難しいと思う(同じものかもしれないし)。単に気持ちの問題なら、薬でもお祓いでも改善されるだろう。

良くなれば、ようは、どっちでもよい。

★今週のお薬
柴胡加竜骨牡蛎湯(昼/眠)
ハルシオン(眠)
猛暑で夏バテ、不眠がつづき、軽鬱もあることを自覚しているが「スッキリとよい顔をしている」と言われた。「ベースの健康度が良くなってきているのだろうね」と。治療の成果が得られたことは嬉しかった。

ベースの健康をつくるのは漢方や、今まで続けてきたアロマテラピーなどの代替療法。ヨガ教室も通いはじめ、やっと一年になったばかりだが、リラックス効果が高く、よいほうに作用したのではないかと思う。

前々回話されていた新薬が、まだ入ってきていないらしい。先週処方されたエリミンがうまく効いてくれず、眠剤はハルシオンに変更になった。追加の漢方は柴胡加竜骨牡蠣湯。

★今週のお薬
柴胡加竜骨牡蛎湯(昼/眠)
清暑益気湯(朝/夕)
ハルシオン(眠)
昨日から今朝は雨のおかげで、いくらか涼しくなって助かった。けれど診察終わると晴れてきて、そとはムワッとしていた。相変わらず夏バテと不眠に悩まされる。眠剤は来週には新薬が入るから、それを試してみてもいいということで、ちょっと期待している。

メンタル系のブログでこういうのもどうかと思うが、担当医から、占いやセラピーの才能を活かして、そっちの道に進んでもいいんじゃないか?と言われた。何度か言われている。セカンドからも言われているので、表面上の言葉でないことはわかる。

私もセラピストになりたい、という気持ちはある。けれど自信がない。全然ない。そして問題は、私は、そういう世界が好きだけど、実は、好きじゃないってことだ。おそらく憎んでもいると思う、怒りもある。私が求めるのは真実以外ない。だから出来ないと思う。

★今週のお薬
清夏益気湯(朝/夕)
エリミン(眠)
まずは甲状腺腫と血液検査の結果報告から、そして早めに総合病院を受診するようにすすめられたことも。検査にお金がかかることが頭痛の種だが、上がったり下がったりを繰り返しながら、少しずつ下がってきているのは気になる。結局決心がついて、地元の総合病院へいってみようと、紹介状を書いてもらった。

★今週のお薬
清夏益気湯(朝/夕)
エリミン(眠)
ガン検診があるが、まだ行けていない。というか、とっくに届いている書類をまだ読んでいない。あと、甲状腺腫も、また検査に行かねばならず、顎関節のほうも転院するんで、その紹介状も大学病院に行って、書いてもらわなくてはならない。あと皮膚科ね。てんこ盛り状態。

夜なかなか眠れないってのでドラール復活で、加味逍遙散と、これでやっていくことに。清夏益気湯というのは夏バテ対策。色々なことがありすぎて、精神的にはヘトヘト、やや鬱もある、ハイテンションになったりもあった、しかし次々対応していかなきゃならない事が多すぎ、不安定とは言っても、忙殺されてるせいか、そっちへ引っ張られすぎずに済んでいるのだろうか。

「今は大きな変化の時なんだろうね」と担当医。「自己の根源的なところからの再生という感じがする」と。セカンドオピニオンのDr.Kからの助言も同意見であった。担当医は「脱皮」Dr.Kに言わせると「成長」同じような感じか。それが、無理にではなく、時が満ちて自然に起こってきている印象だと。

時が満ちて自然に起こってきた、自分でも、なんとなくそんな気がしている。“全ての事には時がある”という「伝道者の言葉(聖書)」が思い出される。

★今週のお薬
加味逍遙散(昼/眠)
清夏益気湯(朝/夕)
ドラール(眠)
いま、私のなかでは様々な変化が起きている。昨年秋から、とにかく色んなことがありすぎだった。体のこと、鬱のこと、スクールに通っての経験、ヨガ教室でのこと。良いことにも悪いことにも、新しい経験の連続で、戸惑うばかり。

でも、すごくいい経験になって、ちゃんと実になっているような気がする。いままでに出来なかった経験(の連続)が出来ている。そりゃもう次々とで、だから、フゥフゥ息継ぎながらの感じで、結構ヘトヘトになってるんだけど。

そして「自分以外の世の中全体が正しくて、自分だけが変でオカシクて悪いんだ」という変な呪いも少しずつ解けつつある感じ。「普通にならなきゃイケナイ」強迫も少しずつ解けつつある感じ。

一生懸命「普通」になろうとして、ウソの自分を演じ続けて、いつの間にか自分を見失った。私は、大切な「私」を泣きながら葬ってきた。「人の言うことは何でもハイと言って聞かなきゃいけない」という恐ろしい絶対命令、呪いが、だんだん解除されてきた。

自分以外の他人が言うことが全て正しくて、自分が全部悪い、なんてないこと。色々な意見があるというだけで(頭ではわかっていたんだけどね)。「あなたが“普通”と要求されてきたことは、実は実態のないものだったんだよ」

担当医の言葉が心に響いた。

ゆっくりだけど、自分の核(本質?)をとりもどし、そしてそこに新たな私のカタチがかたまりつつある。それがどんなものに育っていくのか、まだわからないけれど。なんとなく何かが見えてきたように思えている。

まだ先は全然長いんだけど。また落ちたり浮上したりしながら・・・

★今週のお薬
リスパダール(頓)
加味逍遙散(昼/眠)
清夏益気湯(朝/夕)
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]