忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
09 2017/10 11
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

「好き嫌い」って大事なんだと思った。診察が終わってからそんなことについて、あれこれ思った。子どもの頃は体にいいから、残してはいけない、などという理由で、吐きそうになるものも無理やり、残さずに食べなければならなかった。吐いても食べさせられた記憶もある。吐くものは体が受け付けないから吐くのだ。それが体にいいのだろうか?疑問だ。

何でも無理に食べさせるのは、本当は体を無視した偏った考え方なんじゃないか。栄養があっても、それが弱った体に強すぎて受け付けないこともある。また症状として表にあらわれていなくても、特定の食物を受付ないのは、体に合わないことを、体が知っているからじゃないか。無理に食べさせる教育が自分を守るための大切な感覚を人から奪ってしまう。

こんかい風邪ひいて、その感覚が少しずつ戻ってきたことで、好き嫌いって本当は大切な感覚だったんだ、ということに気づけたし、思い出す(取り戻す)ことが出来たと思う。人との関係も同じじゃないだろうか?「みんなと仲良く友達」というのはおかしい。そんなことできる人がどれだけいるんだろうか?

我慢して合わせることは相手の言いなりになることでしかない。プライバシーに侵入し荒らしまわるのは友人ではない。相手に自分を支配させることは友人関係ではない。それは奴隷だ。もう騙されない、我侭は悪ではない、すべての人間は自己中心的だ。そしてより自己中心的な人間が、自分より弱い人間を自己中と非難することで、操ろうとしてるだけだ。

力のあるものに都合がいいように、弱い立場の人間をコントロールしやすいように、かけられた呪い。私たちが受けてきた教育は、人と同じになること、なんでも果てしなく我慢することが美徳だった。体や心の声を聞いて。自分自身の健康と安全を守るため、だいじなことは、そこだと思う。もっと自己中に生きていいのだ。体が拒否してるものは食べない。

診察で「自分自身を守る」ということについて少し話した。社会復帰したいけれど、自分の身を守ることができないままだと、心も体も、またたくまに参ってしまうから。そのためには自分に合う合わない、危険か安全かを判断する感覚は大切なんだ。支配者に都合のいい考えに騙されて、大事な感覚を押さえ込み無視していたら、健康も安全も失う。

★今週のお薬
エバミール 0.1mg 1T (眠前)
補中益気湯 (朝昼夕)
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]