忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
08 2019/09 10
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

まだピンと来ていないけれど、今回の占いもまた、当たっているように思う。私は無を好きになってもいいと思う、そして好きになれるかもしれない。もし何も持っていなかったら。けれど私は持っているのだと思う。だから足りないと思うのだ。

私は、実際に普通の人が持っているチャンスを持っていない。最初から得られなかったものもある。奪われ続けたものもある。徹底的に潰され、台無しにされたものもある。どんなに自分の人生を成し遂げようと思っても、普通の人が普通に得られるものが無い。

だがしかし普通の人が持っていないものを持っている。それは、この社会では役立たないものだ。“普通”である大多数の人が構成し、支配する社会では、“普通”の人々が持っているものが役立ち、価値あるものなのだ。普通でない私には普通の社会では価値がない。

「現実」というバーチャルな世界で、私は役立たない。ずっと昔から自分が求めてきたのが何であったか。それは価値のあるものだった。だから核心の部分は守ろうとしてきたのではなかったか。破壊されたそれは取り戻せるかもしれない。私が再び、同じ間違いをおかさないなら。

“知れ、望め、乗り出せ、そして黙れ”

ジョナサンケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.html
PR
今週のはすごく当たっている気がしてる。なんとも例のご近所問題で悩まされているから。まさに「拒否」という特定の問題について、自分はもっと考えなければならないと思った。そして本当に別のことも明らかになった。

そして「適切な解決策」も手に入れることが出来そうな気がしている。今回の経験から学んで、それを手にしたいと思う。それはこれからも私自身を守るために、必要な技術になるだろうから。

コントロールされやすい、巻き込まれやすい、利用されやすい、依存されやすい、そしてそれらを拒否できない。という問題を抱えていた。暴君の親の強引な要求を嫌でも飲まされ、「我慢が足りない」と思い込まされ、さらに理不尽な状況も、甘んじて受け入れなければならないと思い込まされていた。

その思い込みが、自分を危険にさらしているということに長い間気づけなかった。思い込みであることにも気づけなかった。拒否するという簡単なことが出来ないために、身を守ることができず、たくさん犠牲になってきた。あまりにも損傷が大きかった。

本当は断りたくても断れない、最大限頑張っても遠まわしに伝えるのがやっとだったが。遠まわしはけして強引な相手に伝わることはなかった。押し切るのが相手の目的なのだから。利用するのが相手の目的なのだから、伝わっていたとしても、知らんふりして押し切るのはあたりまえだ。

気づいてからは、そこから抜け出したいと切実に思って、一生懸命断る練習をした。遠まわしに断ることもやめ、きちんと拒否るよう行動した。でも上手くいかない。どうしても押し切られてしまう。どうして最終的に自分は自分の意思を手放してしまうのか。

片手落ちだったのだ。ずっと「拒否」することだけを考えて頑張ってきたけど、同時に「受容」についても考え直さないと、この問題は解決できないことに気づいた。「受容」の問題。それこそが、どんなに拒否を頑張っても、相手に食い込まれる、まさに中核の問題だったと思う。

私の人間関係は親子関係を含め、ほぼ主従関係であった。強引な要求や命令に、拒否権のない私は奴隷も同然だった。拒否する力を剥ぎ取られ、嫌なことでも「受け入れなければならない」という奴隷態勢が出来てしまっていた。

「拒否する私が悪いのだ、何でもYesといって受け入れなければならない」という刷り込み、思い込みは変えたほうがいい。「受け入れない」という態度を内側に作ることで、「拒否」に使うエネルギーが少なくなり、「拒否」がしやすくなった。拒否するときに感じる負担(必要以上の罪悪感)が減った。

ジョナサンケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.html
今週はいまいちピンとこなかった。でもわかったことはある。それは、私もDr.も「拒否」することと、そのトレーニングのことに一生懸命だったけれど、同時に「受容」についても考えなければならないということ。

どんなに拒否しても、強引な要求や罵詈雑言に対し、それを受け入れ呑まされてきた、徹底的に拒否能力を奪われてしまった自分が、それを取り戻すには、拒否の前に「受け入れないこと」を身に着けることが必要だったんだ。

「受け入れない」ことが出来ない、人間の暴力を要求を「強引に呑まされる」、という前提が背後にあっての「拒否」はそこに「受容」があるかぎり、いくら拒否しても、敵はそこに食い込んでくるのだから。

そうすると「拒否」することが、ずっと楽になるような感じがする。

ジョナサンケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.html
今週の占いも、今まさにそんな感じがしていて、ピッタリな感じがする。土星も木星もゆっくり動く星だから、この状態はあと1週間くらいは続きそうな気がする。タイトでみると、21~23日、オーブをとっても6月5日くらいまでだろうか?

ジョナサン・ケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.html
毎週、けっこう楽しみにしている、ジョナサン・ケイナーの星占い。先週は結構当たっているような。今週も、当たっていそうな気がする。

ジョナサンケイナーの星占い
http://www.cainer.com/japan/index.html
AC自己診断
http://kantei.am/17619/query.htm

というのを見つけた。66点だった。
気になったので検索してみた。おみくじっていったいどこで誰がどのようにして作っているものなんだろう。こんなことを思いついたのは、氏神様(権現様)と天神様のおみくじの和歌が同じだったので、この和歌やら漢詩やらが気になった。

おみくじの歴史
http://mayohiga.gozaru.jp/mikuji/omitext/rekishi.html

おみくじQ&A
http://www.news.janjan.jp/special/0612/0611013897/1.php

女子道社
http://www.kanko-shunan.com/saihakken/josidousha.html
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]