忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

こういう転がり込む、転がり込まれる、っていう話、某巨大掲示板の家は宿でも合宿所でもねぇぞ!!を思い出す。そして私は、宿泊させてエライ目にあうタイプだ。実は、過去に似たような経験が2~3度あった。断れないタイプの人間に、当然のように食い込んでくる人がいる。

彼女らも病気だから必死だ。命がけのつもりなのだ(多分その時は)。切羽詰った必死さは何でもやってしてしまう。他人の家にあがりこみ、女王のようにのさばる。私の知人のメンヘラでも、やはり転がりこまれて居座られた経験がある人がいる。こういうことは少なくないらしい。

メンヘラに限らず健常者でも、職を失った彼氏が転がり込んできて、出て行ってくれない。再就職先も見つからず、ヒモになったあげく、そのうちアルコール依存症、DV、なんてよくある話ではないか?

どうも最近、怪しい鍼灸師や、ご近所トラブル、今回のSの件についても、自分の利益のために、他人を食おうという人に遭遇しやすい。以前は断れず、あっという間に食い物にされていたが、こんどはそうはいかない。相手の事情もうっすら見える。でも自分は守らなくては。
相手の事情っていうのは・・・

まず鍼灸師だが、どうも女とつきあったことが一度もないらしいんだよね。そういう感じの人だった。もう中年だろうに、男子中学生がはじめて女子学生に話すような雰囲気があるんだよね。でも犠牲にはならんぞ。

マルチ販売をしてそうな(カタログ販売の内職と本人談)2階の女性も、女手ひとつで子ども3人も育てて、大変だろう。日中一人でいる寂しさを満たし、フトコロも満たしたい、そういう下心を感じるんだよね。

Sは自分が生きるのに必死で、他人のことを考える余裕が全くない様子。助けてくれそうな人なら誰でもいいという感じなんだろうな。彼女も問題のある家庭に育っているから、人を思いやったり、自分を大事にすることが、なかなか難しいんだろう。

人間って悲しい。
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]