忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ああキチガイだ、こいつオカシイっていうのがバレて、人が離れていくときの雰囲気が辛い。だから一人でいるほうがいいと思う、親しくなるというのは、怖いことだ。最初は普通に話していたのに、相手の顔つきや態度が変わる瞬間が怖い。何も悪いことをしていないのに、キモイってのが悪なんだな。

引きこもってると人とあまり交流がない、昔は全くなかった(住民票から削除されるくらい引きこもってたから。あのときは驚いた)、公園を散歩することから「出かけること」をはじめたけれど、公園で散歩していたって、キモさは私から漏れ出ている、地面を見ながら歩く日々。

地面をみつめながら道のはじを歩く。たまに人とぶつかる。怖い。前を見ながら歩けない、地面を見つめながら歩くクセは、けっこう色々なところに出かけていけるようになってからも、なかなか抜けなかった。直しても気がつくと地面を見ていた。精神科で継続的に治療を受け初めてから、もう10年以上たっている。やっと前見て歩けるようになったのは、この2年くらいだろうか・・・。

いつになったら社会復帰できるのだろう。あるニート関係やってる著名人にメールしたことがあった。そしたら「精神科などを受診したり、家族といっしょに脱出しようとしていると失敗する」的な内容の返事がきたっけ。たしかに10年以上(今月の19日で13年目になる)脱出できていないけれど、もし今やってることが間違いだったなら、えらくショックだ。昔より回復はしているけれど、ものすごくスローなんだな。それが失敗というかどうか、とらえかたによるのか?

少し前に動画をUPしたけれど、すごく切なかった。動画のコメントっていれずに、いつもただ貼り付けていることが多いけど。ひとつは、こっそり食べ物に薬を混ぜられて以来、親の料理が食べられなくなった。っていう彼の話。そしてもうひとつの番組の父親の「来た来た」ってセリフに、傷ついた。すごく嫌な感じがした。あんな親だったらおかしくもなるんじゃないかな、という気がした。
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]