忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ショッキングなことが、立て続けにあった。やっと長い長い体調もマシになってきたと思ったころ、今度は精神的なストレスが立て続けにやってきた。そんなところで、久しぶりに買い物依存が炸裂中。かなり買ってしまって自己嫌悪だ。

けれど以前担当医からの助言どおり「使えるもの」を買うということで、なんとか気持ち的には最低の罪悪感には苦しめられることなく、使うんだということで、少し落ち着いてきた。まだショック症状も酷く、また買ってしまうかもしれないが・・・なるべく気をつけよう。
辛かったこと、5月のとっぱじめから、通っていたチャットのトラブルや、セクハラ鍼灸師のことや、同じマンション内のご近所問題、旧姓の宛名の問題が2回(立て続け)、私を利用して、私の住処に転がり込もうとたくらむ女、アロマスクールの問題、久しぶりにINしたミクシーで感じの悪いクリスチャンにホームを荒らされたこと。自分が悪いくせに絡んでくるオヤジ(爺さんに近い年齢)

私は、年寄りって、嫌いじゃなかった。だからといって若者が嫌いというわけでもなかった、そんなこと普通に、同じ人間だと思っていたから。むしろ「年寄りが嫌いだから、はやく死ねばいいのに、年寄りに選挙権はいらない」「モタモタしやがって!」などという友人が嫌いだったし、彼女には反感を持っていた。

けれど、ここ近年、私も年寄りが嫌いになってきた。最近の年寄りは、とくに爺さん(男性)は若い弱そうな女に絡む、自分より弱そうな奴に当り散らす、平気で酷いことを言ったりやったりする。自己中心的、失礼、そういう年寄りが急激に増えている。だから私は年寄りが、だんだん嫌いになってきた。

かえって若者のほうがずっと礼儀正しく、しっかりしている人が多いと感じることがよくある。弱い若者をターゲットに八つ当たりして憂さをはらそうとする年寄り。絶対に青年男性には絡まない。年とってもああはなりたくないと思うようになった。年取ってあんなになるくらいなら自殺したいと思う。

そういう年寄りは、男や強そうな人には絡まない。中年女性にも時々見かける。えらそうな態度、弱そうな年下の若い女に絡む。不愉快だ。うんざりだ。年寄りは醜い、外見じゃない、性格が人間性が、醜い。普通に生活していて尊敬できる人がほとんどいない。なぜか?

それは、いまの時代が、年寄りにとって生きにくい社会で、これまで以上に時代への取り残され感が強くなってきていることが原因ではないだろうか?それが痛ましく悲しい。かつての社会では、年寄りの技術、経験、は社会にとって宝だったのに。伝統技術は廃れ、年寄りの出る幕は急速に減っていった。

昔はあった“つながり”も今は影も形もあるのかないのか。似たようなものはあるかもしれないが、違う。つながりが欠けた時代にあって、本当はだれもが求めているが、失われてしまって、参考になるものがない、それを取り戻していこうという動きが出てきてはいるが、どうなっていくのか。

最後に、常々頭を悩ませること。

キレる若者ってやつが増えてきた、少し前までは危険な17歳、なんていわれていたが、いまは17歳どころが中学生だっておかしいし、小学生もおかしくなってきた。大人もオカシイ奴が増えた。男性だけじゃない、女性の通り魔とか、信じられない事件が、いくらでも起こってきている。

私はイジメられてきた、ヤラレやすい人間だから、あっという間に被害にあってもおかしくなさそうな気がしている。私は何もしていないのに、ただキモイってだけで、ムカツクから、というだけでイジメられてきた。

ニュースでみる「ムシャクシャしていた、だれでもよかった、まさか死ぬとは思わなかった」といって刺す人。子ども時代の、あの私に一方的に暴力を働いてきた連中と同じに見えて仕方ない。

けれど被害者がどうのといって、騒ぐ人々に、私は複雑な思いを感じる。彼らは傍観者じゃないか。幼い頃「やられる方が悪い、イジメられるお前が悪い」といわれてきた。そういう奴らに聞きたい、

じゃあ、そのニュースで報道された、殺された被害者は、殺されたほうが悪いとは言わないのか?イジメられるほうが悪いからで、一方的に暴力をはたらいたほうがなぜ擁護されるのか、納得できなかった。

イジメの被害者が傍観者に腹を立てるのはそういうところだ。

死んだか、自殺したか、の違いで、判断しているのか。

イジメで亡くなった自殺者を避難するのは、

たいてい加害者でもある傍観者だ。
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]