忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
05 2017/06 07
S M T W T F S
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

ハローワークに行ってきたが仕事は見つかりそうにない。今回もまた履歴書や職務経歴書の書き方の相談に乗ってもらう。紙のものは毎回、修正しながら少しずつ出来上がってきているような気がする。面接にこぎつけるまでには、まだまだ長い道のりだが、年末か年明けに仕事が見つかれば・・・というのが理想だ。そううまくはいかないと思うが。

ハローワークの帰りに信号待ちをしていると「すいません!」という、ぶっきらぼうで不機嫌そうな声がした。声のするほうを見ると、車椅子に乗った人が睨んでいる。信号待ちをしている人が道にたまっていて通れないので、通りたかったのだろうが、失礼な人だと思った。そして人がよけても、お礼も会釈もなく素通り。なんて感じが悪いんだ。

そんな愚痴をこぼすと「最近はそういう傾向が顕著だよ。弱者は優遇されて当然であるべき、という考え方が蔓延しつつあるからね」という返事がかえってきた。その返答に私は危機感を持った。ますます障害者差別が激化するのではないか?それは数年まえから、なんとなく感じ始めていた危機感だった。
社会に偏見と差別があるのは現実だが、そうでない人がいることも現実だ。しかし何者かが障害者にふきこんだ誤った信念「社会は障害者を理解せず常に差別している」(←そう思っているとしか思えないような当事者の態度)が障害を持っている当事者を変えてしまったのではないかと思う。

私自身も障害を持っているが外見からはわからない。電話をしても姿が見えないのだから、私が障害を持っているかどうかは、カムアウトしなければもっとわからないだろう。私も障害を持っています、と言わなければコイツは健常者、われわれに偏見がある、という先入観。障害者からかなり失礼なことをされたことがある。

外見がよさそうに見えれば「たいしたことないんでしょ」という自分の方が大変だ~的な病気自慢や、自分は障害あるけれどお前よりマシという当事者間の差別意識、などなど。世の中の醜い面が、障害者社会にも時々見かける。障害をクローズで仕事に就いた仲間に嫉妬して、仲間の職場に電話をして生涯をばらしてしまったり。そんな話を聞いた。

障害者本人に直接出会っても、また関連施設に問い合わせ、当事者と話すことがあっても、思い通りにならないことは全て相手の差別がしている!ことにしてしまったり、失礼な行いに対して普通に怒ったとしても、それも差別だと言い出す。これだと障害者は敵を増やしてしまうばかりだ。

今日信号待ちで会ったような、不遜で何様な態度の障害者や高齢者を見かけることも増えてきた。それらは今まで世の中が障害者を差別したきたことの反動であろうと思うが、障害者のそうした態度は人々の反感を買うだろう。それこそ対等な関係とはいえないだろうと思う。

我々はお互いが、お互いを理解するよう、歩みよることが必要なのだ。
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]