忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
07 2017/08 09
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

Tが来た。もう来ないと思っていたのに・・・。このぶんだと、また来るだろうな。Tというのは住んでるマンションの1階下の女性のことだ。Tは前から住んでいたらしいけれど、私が話したのは、ごく最近のことだった。

5月のある火曜日(多分)の朝のことだった。ゴミを出しに下に下りると、住人らしい女の人がゴミを出していた。「おはようございます」と私は挨拶をした、「おはようございます」と女性が挨拶をした。「2階のTです」

その女性が問題のマルチっぽいことをやっているらしいTだった。どうやらスピリチュアル系も好きらしい。

彼女はお子さんが3人と自分と4人で2年前からここに引っ越してきて暮らしているという、一番下の子、というのが高校生くらいだった。I区で○○療法のインストラクターと内職で生計をたてているという。

私も代替療法に興味があったから、私もアロマなんかが好きなんですよ・・・という話になった。内職はどんな内職かと聞くと「カタログ販売」だという。「興味あります?」と彼女は言った「まあね」と応えた。

趣味が合う知り合いが出来てよかったですね、などと話し合い、一緒にお茶でもしながらお話しましょう、ということになった。Tは自分の部屋に来てもいいし、私の部屋に行ってもいい、どっちにするかと聞かれた。

しかしじゃあすぐに、と相手の部屋にあがる気も、自分の部屋にあげる気もせず、まず、「じゃあ1Fのお店(食堂)で食事をしませんか?」といい食事をすることに。一旦部屋に戻り、自分の作ったトリートメントオイル(アロマ)を持っていって彼女にあげた。

まあここまでは普通の感じだったのだが・・・。
私はなんとなく彼女を自分の部屋に招き入れるのは気乗りがせず、彼女がどっちの部屋でもいいと言っていたので「じゃあTさんのお宅にお邪魔させていただきます」というと、突然それは困るという。それで結局わが家にTを入れることになった。

なんとなく気乗りはしなかったが、まあいいか・・・と思っていた(それまでは普通っぽかったし)ところが、うちに来てからは、ちょっとビジネスモードに入ってるんだよね。

そのカタログ販売の、会社名もあげず、健康にいいものを使っている。日本では他の国の基準では通過しないような有害な添加物が平気で使われているが、この会社では厳しいドイツの基準も通った・・・(以下略)

とてもすごい社長さんなの、アメリカの会社で、各国に会社を出してるの。日本の本社は東京にあるんだけど、そこも2年分の家賃をポンッってだしちゃったの。借金作るのが嫌なんですって!自社工場もつくろうとしているところなの、野辺山高原というところに、ログハウスで・・・

うわーキナクサイわwww

ていうかその野辺山高原にログハウス・・・ってどっかで聞いたような。
しかも何か問題になっていたような・・・。


私「へぇ~じゃあ、ナチュラル系のお店にも置いてるでしょうね、見てみますよ」

T「店頭販売はしてないんですう~」

やっぱり・・・。

私「そーなんですか~(はははw)」

彼女は「仲間を紹介します~」「私、お手伝いしますよ!」「ここに人を集めてもいいし!(ここ、というのは私の部屋のこと)」と勝手にヤル気満々でトークをはじめる。おいおいおいおい!!ウチを集会場にする気か!!

私「いやぁ~私、そういう仕事向いてなくって、以前やったことあるんですけどね」

私「で、なんていう会社なんですか?」

T「○○○っていうの、聞いたことないでしょう」

私「知らないですねぇ、ネットで検索したら出てくるかしら、見てみますよ」

T「あの、、、こういう新しい会社がたちあがるときって、つぶしてやろうと色々悪い噂が流されたりするから、ちゃんとしたこの会社のページを見てね!」

これじゃあ自分で変な会社ですよ。と言ってるようなもんだよねぇ。

それから占いの話に話題をそらせて、もう出かけるから、とTを帰すことにしたのだが・・・。茶器を片づけようとするとTは「手伝う」と言い、断ってもやらせてくださいと、台所まで入ってきた。

同じマンションですぐ下の階で、こういうことになったのは初めてで、すごく断りにくかった。女だから、キッチンに入って経済力を確認したかったんだろうね。怖いわ。ほんとに。

これがTとの出会いだった。

2度目(人間が一番怖い―ご近所②)、彼女が私の夢をみたから、玄関あけろと言ってきたときも、私がドアを開けたとき、ウチの中をなめつくすように覗き込んで、前回とどこか変化がないか、あるいは誰かいないか、とでも思っているのか、私を目の前にしながら、私をとおりこして私の背後の部屋の様子を、探るような態度も、気持ち悪かった。

もう二度と来てほしくないな、来てほしくなくても来るだろうが・・・
来ても色々理由をつけて断るけどね。拒否するよ。受け入れもしない。

人間が一番怖い―ご近所①
人間が一番怖い―ご近所②
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]