忍者ブログ
複雑性PTSDから回復するまで〜心療内科通院日誌〜
カレンダー
10 2017/11 12
S M T W T F S
1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30
フリーエリア
にほんブログ村 美容ブログ 手作りコスメへ
にほんブログ村 その他生活ブログ 片付け・収納へ
にほんブログ村 メンタルヘルスブログ 半ひきこもりへ
にほんブログ村
ダイエットピンキー
適正体重、基礎代謝、目標カロリーを計算することが出来ます。 大人の発達障害者にも適切な支援を
プロフィール
HN:
Nobody
HP:
性別:
非公開
職業:
障害年金生活者
趣味:
アロマテラピー
自己紹介:
幼児期からの長期的虐待と、学校でもイジメが繰り返され複雑性PTSDに。8歳,鬱発症。6歳,11歳,自殺未遂。不登校,ひきこもり。などなどイロイロやらかしてます。AC(アダルトチルドレン)、AS(アスペルガー障害)、精神科入院経験多数。人間不信。精神医療も信用できません。コミュニケーション不全、社会適応困難、デイケアや作業所ですら適応できません。自分は絶滅種の生き残りではないかというな気がしています。同族は一人もいません。公費負担にてメンクリ通院中。

複雑性PTSD:
PTSDが単発であるのに対して、複雑性PTSDは長期的反復的な心理的外傷による精神障害。症状は複雑で多彩。

AC(アダルトチルドレン):
機能不全家庭で育ったことが原因で、生きにくさを感じる成人の、自覚の呼称。医師から下される診断ではない。

★このブログはリンクフリーです。ご自由にどうぞ。
バーコード
ブログ内検索
フリーエリア
×

[PR]上記の広告は3ヶ月以上新規記事投稿のないブログに表示されています。新しい記事を書く事で広告が消えます。

驚いたのは、玄関を掃除しようと思って扉を開けた目の前に、人がじっと立っていたことだった。思わず「ひゃっ!」と声をあげてしまった。想定外の事態に一瞬、頭が真っ白に。とても驚いた。

こういうことに死ぬほど驚くのもASの特徴かもしれない。人が来ることは知っていたが、まさか扉を開けたら人が目の前に立っているだなんて想像できなかったからね。彼はけして怪しい人ではない。

彼は私が依頼し、某所から派遣され、内装を診に来てくれた青年だった。
「すみません、10時厳守と言われたもので・・・」

と彼は言った。少し早く到着したのに、10時厳守と言われたので、玄関前で待機していたらしい。なんとも私がやりそうな行動だ。彼はとても真面目で、丁寧で、礼儀正しい青年だ。その真面目さが伝わってくる。

おそらく私も、時間厳守と言われたら同じことをするだろう。実はやったことがある(笑)その時は「怖い!」と言われ、不思議に思ったが、自分がされるとその驚きがわかった。ほんとうにビックリするね。

私はそういうことを、やっちゃうわけだが、普通の人間だったら、どう行動するだろうか?ということを考えてみた。普通の人はしないらしいから。普通の人だったら・・・想像しかできないけれど、おそらくこういうことになるのではないだろうか。

①時間厳守とは、必ず絶対ピッタリキッカリという意味ではなく(ピッタリキッカリと支持されたなら別だが)、早すぎてもいけないが、指定時刻を過ぎないのが望ましい、指定時刻ちょうど「頃」というあいまいな時刻。ととらえる?。
②玄関の前では待機しない(怪しいから。今の時代とくに)。普通の人間はある一定以上早く到着しすぎた場合、車などで来た場合、車内で待機などする。

早すぎるとは、何分くらいか?が判断の難しいところと思うが、早くてOKなのは5分程度では?と思う。それ以上は早すぎかもしれない。指定時刻より5分過たらゴメンナサイがいいのかなと思っている。

彼がそうかどうかはわからないけれど、なんとなくASくさい行動だなと思った(若いからかもしれないが)。私があまりにビックリしたので、逆に彼をビックリさせてしまったようで、帰り際に「驚かせてすいませんでした」といわれた。

私も、同じように言いそうだ。そういえば、私があのとき「怖い」って言われたときも、すいませんといったっけ。あのときは私がお客のほうだったけれど。怖いといわれたことは傷ついてショックだった。私が驚いたことは、今日の彼にもショックを与えたろうか?

なんとなく切なくなった。
彼は普通の人かもしれないけれど。
私が勝手に似た行動のように思って、勝手に悲しくなったんだ。
PR
Copyright ©  -- 地の底 Ⅱ --  All Rights Reserved / Designed by CriCri / Material by White Board
忍者ブログ  /  [PR]